滋賀のみんなを守る、飛び出し坊や知ってますか?

0
    コンサルの仕事をしていて、各地に訪問する機会が増えました。
    地域のちょっとした習慣の違いや、名産品を食べたり、色んな刺激を受けます。
    そこも出張の楽しみ。

    滋賀のクライアント担当になってから大体2月に一度は東京から滋賀県に行くようになりました。


    歩いていると、なにかいる。。。



    こっちはアンパンマン?
    この滋賀県に多数存在しているこのキャラ。
    皆さんご存知でしょうか?


    名前は飛び出し坊や。

    クルマや自転車に注意を促して歩行者や通学児童の安全を守るために生まれたキャラようで
    滋賀、特に近江地方に多く存在してます。
    それもそのはず。発祥が滋賀みたい。

    歩いているとたくさん見かけるので気になってしまう。。



    これがスタンダード飛び出し坊や

    カーブにはダイナミックに連続飛び出し坊や



    時には近江商人版飛び出し坊や



    バリエーションに富んでいて、
    見つけるのが楽しい。





    ももクロまであるよ。。 地域に根付いて愛されるキャラ
    飛び出し坊や。



    滋賀に行った際は是非見つけてみてください。

    Google Home購入!初スマートスピーカー〜私が羞恥心なくOK Googleといえるまで〜

    0

      前から欲しくて、いいなぁっと思っていたもの。。

       

      ともだちry、、、

       

      いや、スマートスピーカーなんですが、

      先日お買い物のついでに格安で購入することができたので、

      我が家についにやってきた。

       

      Google Home Miniがやって来るYa!Ya!Ya!

       

       

       

      小ぶりでかわいらしいシルエット。

       

       

      割とどこにでも合うね。

       

       

       

       

       

       

      早速設定。なんですが、

      これが楽すぎ。

       

       

       

      スマホにアプリ入れて、Google Home本体の電源を入れるだけ

      あとは勝手に同期してくれて設定も勝手にやってくれる。。

       

       

       

      恐るべしGoogle。

       

       

       

      そういえば会社でGoogle Wifiを購入して設置してた時。

      設定が簡単すぎて今までのwifi設置は何だったのか?と思ったのを思い出す。

      それは5、6年前は設定に四苦八苦してなんとか設定して、でも時間がかかった分ネットがつながったときの喜びはひとしおでした。

      そんな感動をあざ笑うかの如く設定が簡単だったGoogle wifi。

       

       

       

      さて話はGoogle Homeに戻りまして、

      設定も終わり、早速使って見ようと思う。

       

       

      まずは無難に、「ok google 音楽かけて」

       

       

      って言ってみる。

       

       

       

       

       

       

       

      ウンともすんともいわない。

       

       

       

      やばい。

      だんだん恥ずかしくなって来た。

       

       

       

       

      もう一度。

       

       

      今度は返答が、

      「すみません、わかりません」

       

      あれおかしいな。

       

       

      調べてみると、音楽再生はアプリの選択をしなければならないみたい。

       

       

      けれど、自分がメインで使っているApple MusicがないのでここはSpotifyで設定。

       

      サクッと設定完了。

       

      気を取り直して再度お願い。

       

      ok google レディオヘッドかけて。

       

      「Spotifyで再生します。」

       

       

      そして流れ出すAir Bag

       

       

      あぁ名曲。

       

       

      続いてオアシス、ブラー、ビートルズ、パンテラ、ACDCまでは一発で聞き取ってくれる。

       

       

      精度が高い。

       

      google home miniは小さいので音質はそこまでよくなかったですが、

      これだけでも満足

       

       

      天気もニュースもクイズも問いかけたら教えてくれる。

      ちょっとした執事みたいで、この価格でこの体験ができるんだ。

       

       

      そのうち家電とも繋いでIoT住宅にしてしまいたい。

       

      問いかけることに羞恥心はなくなってきましたが、

      シカトされた時の切なさは独特の味わいが。

       

      もう少し使い倒してまたレポしたいと思います。

       

       


      今年もサマソニへ!サマーソニック2018はユアソン、ジョージクリントンが最高なやつ

      0

        夏の風物詩となってきた音楽フェス。

        日本の2大音楽フェスのSUMMER SONIC、略してサマソニに 今回も行ってきました!


        フェスは大概いつも一緒に行っている「M次長」
        サマソニ初参戦「S藤主任」
        元気な今年入社「O戸」
        この4人で前日のミッドナイトソニックから突入。


        仕事が終わってその足で車を走らせるM次長。。


        ありがとうございます。



        ミッドナイトソニックは、 2日間のフェスの合間を担う深夜のイベントで、 今回のメンツはあまり知っている出演者がおらず、 ちゃんと見てたのは「水曜日のカンパネラ」くらい。 あとは食っては飲んで、祭りを楽しみました。

        夜も明け、酔っぱらった体をリフレッシュするため、 近くの銭湯へGO!すっきりしてサマソニ本編に臨みます。




        1発目は今回のお目当て「YOUR SONG IS GOOD」。

        ビーチステージで天気も良く最高のロケーションの中、 ゆーったり始まります。
        見るのは初めてでしたが、かなーり良かったので次回のライブも手配済み。


        続いてビーチステージの「七尾旅人」 この人も初見。昔から好きで聞いてはいたけども縁がなかなかなくて見れなかった。

        友人からの「旅人はライブだよ」というふれこみ通り、 音源の数倍良かったです。アレンジが入りまくってて、そのうえ客も使って一体感がすごい。






        この日が誕生日だったようで、お客さんに埋もれながら歌い上げてました。
        記憶に残るアットホームなライブだったなぁ。より好きになった。



        そのまま流れるように M次長と合流してレキシへ。

        場の盛り上げ方がとにかく上手。 しかし、眠気が押し寄せ、 始めてライブ中に断片的に立ち寝。

        自分の器用さに驚いた。


        ステージ移動してm-floへ
        サクッとみて次のお目当へ。
        come again は聴いておけば良かった。


        マリンステージに移り、 CHANCE THE RAPPERを見る。


        ゆったり夕焼けとメロウな曲にやられ、 半分眠る。



        お次はビーチに移動し、超絶ベーシスト THUNDER CATを見にビーチに舞い戻る。

        このネコちゃん 6弦ベースでもはや何をしているのかわからない。



        後から聴くとかなりのアニメとネコ好きで歌詞も大したことは言ってない。
        ニャーニャー言ってるだけだと。


        もはや愛しかない。


        最後は、タムラに教えてもらったご機嫌ファンクおじいちゃんのジョージクリントン。

        御大は来年でライブは引退するらしく、日本でのライブは最後になるかも?と言う話もあったので、この日の大トリBECKを見ずにジョージクリントン。

        もう、



        この人の曲




        一つも知らなかったのに。



        ノリノリだー!



        終わってみて満足しかなかった。
        こういう出会いがあるのがフェスの醍醐味。

        あータムラにファンクを教わろう。


        犬ヶ島という日本愛あふれるストップモーションアニメ映画を見て来た

        0

          先日まで公開されていた映画「犬ヶ島」を見に行ってきました。

          監督はウェスアンダーソン。私の好きな監督の一人。


          この映画犬ヶ島のおおまかなあらすじ。

          舞台は日本の架空の街、メガ崎市。
          この街は”犬インフルエンザ”の大流行によって大きな被害を受け、

          市長の小林は市内の全ての犬を島流しする政策を打ち出す。


          犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬スポッツを探す少年アタリと愛嬌満載の犬たちとの冒険映画。

          愛犬を探す中、メガ崎市に渦巻く陰謀と対峙する少年アタリ。
          果たして愛犬とメガ崎市の犬たちを救う事は出来るのか?

          というようなストーリー。


          この映画で自分の好きなポイントは2つ。

           

          ひとつは、ストップモーションが好き。
          犬が島の撮影方法は、ストップモーションと言われるパラパラマンガのように一コマ一コマの静止画を繋ぎ合わせてあたかも動いているように見せる手法を使っています。

          わたし、この手の手法の映像は大好き。

          以前、これを粘土で行うクレイアニメにハマっていた時がある。
          有名どころだと、ピングーやウォレスとグルミットあたり。
          ニャッキって言う尺取り虫のやつも面白かった。

           

          続いては、カットの構図が好き。


          ウェスアンダーソン監督の撮る映画は、
          カットごとの構図が左右対称なのが特徴的。
          この部分、自然な感じがしないとのことで友人にも好き嫌いが分かれるところですが、
          私はだんぜん好きなほうです。


          人間味が見えづらいこの「人形劇」でストーリーが進むにつれて、
          感情移入してしまうのは、個性的なキャラクターとそのセリフ回しだったり。

           

          そして随所に現れる日本愛。

          なかなかの面白さでした。


          今回は、会社近くの映画館。吉祥寺プラザで見てきましたが、
          朝イチの回だったので空いててゆっくり見れたので満足でした。

          映画館で見るのがかなり久しぶりだったのですが、

          やっぱりいいものですね。

          定期的に行こう。

           

          JUGEMテーマ:映画


          田無のゴルフ練習場はタイムジップ24!仕事終わりにひと汗かきに行ってきました

          0

            最近ゴルフを始めた、同じ部署のA元さん。


            一緒に練習に行ったメンバーから、
            「結構うまいよ」
            「まっすぐ飛んでていい感じだったよ」
            と、ベタ褒め状態だったので、
            これは同じ部署の上司としていっちょ一緒に練習だ!

            というノリでK藤SMGとA元さん、私の3人で
            仕事終わりにひと汗かきにゴルフ練習場へ行くことにしました。

            今回は先日新しくスタートした福利厚生のベネフィットステーションが使えるところを選んでみます。

            「TIMEZIP24」
            西東京市の田無にあるゴルフ練習場で、24時間営業で打ち放題というところに惹かれ、
            しかもベネフィット提示で入会費無料でグローブがついてくる特典付き。
            ちょっと得した気分。


            道中、「言っても私3回目ですからね」ニヤニヤ
            と不敵な笑みを浮かべるA元さん。

            これは、、ちょっとできるところを見せねば。。と冷や汗。

            天然プレッシャーガール(何の悪気もなく笑顔で相手にプレッシャーを与えることが出来る逸材)
            の彼女は今回もさすがの一言を投げかけてきます。


            練習を始めるまに施設の説明がありました。
            この練習場、ちょっと高いんですけど、
            球数打って練習するなら設備が充実しているのでとても快適。

            スイングを録画できてチェック出来たり。


            自動でティーアップしてくれるし、エアコンも各席についてるし
            居心地が良い。。

            そして練習!練習!

            A元さんのスイングも

            練習後には。。。。


            ビシッ!
            結構フォームが決まってきている。

            打って打っての90分で疲れてしまい、
            この後のサッカー日本代表対ベルギー戦は
            前半で睡魔に負けてしまいました。


            最後はパターゲーム。
            これも、傾斜がついたりして意外と難しいけど楽しかった。

            夜錬。また行きましょう!

            JUGEMテーマ:ゴルフ練習


            蓮沼執太の個展『 〜 ing』を体験しに資生堂ギャラリーへ 独特の体感型音響空間

            0

              好きなアーティストの一人
              蓮沼執太


              音楽家でありクリエイター。
              彼が『 〜 ing』という個展をやるぞ、
              銀座の資生堂ギャラリーでやるぞ。と話を聞いて、


              見に行きたいなー。どんなもんかなー。と思ってました。


              先に隈研吾の展覧会くまのものを見に東京駅まで来ていた際に
              ふと思い出して、銀座も近いな。いってみようと、



              銀座なんてそうそう行きませんが、
              銀座ってこんなに外国人多かったんだ。。

              中国人、欧米人が多かった。
              日本人が少なく感じてしまう。


              そして資生堂ギャラリーへ。


              資生堂ギャラリーは1919年にオープンした、現存する日本で最古の画廊といわれています。
              途中、震災や戦争、建物の改築による中断を除き、

              「新しい美の発見と創造」を活動理念として、

              今日まで一貫して非営利の活動を続けてきました。

              とのこと。

              そう、無料です。

              入ってみるといきなり管楽器のパーツが敷き詰められたフロアへ

              みなさんその上を踏みながら歩いている。

              おしゃれなお姉さんも

              足腰しっかりしたおじいちゃんも

              可愛いおばあちゃんも

              中年のおっさんも(←自分ね)

              そして気づく。


              蓮沼執太のリスナーって結構年齢層高いんじゃないか。
              それか場所柄か??


              そんな管楽器の製造過程の廃材を敷き詰めて踏んで歩いたり蹴っ飛ばしたりした際のいろんな音を愉しむ。



              ガシャンコガッチャン シャリンシャリ

              そんな展示でした。


              次に進んでいくと、植物に何やら音を聞かせている。。
              ノイズだったり曲だったり。


              そしてその奥には段ボールから犬の鳴き声や、ガサガサ動く音。

              色々サンプリングして盛り込んで入るけど曲になはっていない。


              これもなんだか前衛的。


              この展覧会一言で言うと「なにか不穏なかんじ」


              想像していたのと少し違ったけどこれはこれで、よし。


              メインどころの展示はこれで終わり。先ほどの隈研吾のボリュームを体験していると、 カツ丼食った後にうまい棒食べているぐらい物足りなさを感じてしまった。


              蓮沼執太の音楽は好きなんだけど、
              これは人を選ぶ展示だなぁ。と。
              ま、こんなもんだわね。

              あんまりいい感じに書けませんでしたが、
              彼の曲はとても好きです。


              彼の作る音楽は、
              個人的にはぶらっと街中を歩いてる時とか、
              ちょっとした自分の時間に聞いていたい曲なので(あくまで個人的に)

              きっかけは環ROYとも組んでいた蓮沼執太フィルを聞いでから

              じんわり好きになっていきました。
              自然と再生回数が増えてく、あの感じ。

              いつのまにかよく聞いているというあの感じ。


              いつの間にかリピートしてたのはこの曲。

              「蓮沼執太フィル/ZERO CONCERTO」



              あぁこの曲も、

              「蓮沼執太/Hello Everyting」



              といった感じで生活に寄り添うような「染み込む系」とでもいうのでしょか。

              そうやって彼の音楽が好きになっていったのでした。

              最近はこれを良く聴いてます。

              「蓮沼執太/テレポート」



              展示は、、
              うん、前衛的。


              どんな物質も建築家、隈研吾の手にかかれば、、と思いたくなる「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」展へ

              0

                週末、何してるの?
                と最近よく聞かれます。


                インドア趣味が多いのですが、
                時折、美術館とか展覧会にも出向きます。


                物事が立て込んでくると、
                あまり器用な人間ではないのですぐ頭がいっぱいになってしまいます。


                考えて形にする、いわゆるアウトプットがうまくいかなくなるので、
                そんな時は刺激になるものをインプットするようにして、バランスを取るようにしてます。



                おぉ凄い!って感銘を受けると、
                自分も何かしたくなる。
                ライブ行ったりするとその足でカラオケ行きたくなる感覚に近いかもですね。



                先日、打ち合わせで東京駅まで行った際に、
                目に留まった隈研吾のポスター。





                東京ステーションギャラリーという、 東京駅構内の美術館で隈研吾の展覧会があると言うので今週末の予定はこれだ。


                と、息巻いて行って来ました。



                今回のテーマはくまのもの。
                隈研吾がその30年のキャリアの中で携わってきた建築設計やプロダクトデザインを、
                時系列ではなくて素材「もの」で分類して展示されていたことは結構新鮮で、素材それぞれの利点やその素材が活かされる場所や環境など、
                そういったことを考えさせられる。





















                品川駅やヴィクトリアアルバートミュージアムなどなど。
                こういう仕事をする人は一体どういう事を感じながら仕事をしているのか。
                自分にも活かせるか。

                またひとつ、いい刺激をもらえた週末でした。


                toe「"That's Another Story" Exclusive Special Showcase 2018」にて思う。10年恋するポストロックバンド、TOEの魅力

                0

                  こんにちは、

                  今回は先日(2月28日だったので結構経ったな。。)に行ってきた、
                  私が溺愛するバンドのTOE(トー)のライブについてと、
                  その魅力について拙い文章ではあるけども伝えていきたいと思っています。



                  TOEはジャンルでいうとポストロックとかインストゥルメンタルロックといわれるジャンルです。

                  インストゥルメンタルとは、器楽曲という意味で、wikiによると、


                  人声を一切用いず、楽器のみで演奏されれば器楽曲と呼ばれる。

                  狭義には、ピアノなどの独奏楽器のための独奏曲のことをいって、管弦楽、室内楽などと区別する。

                  という音楽でインストなどと略されます。

                  (最近はボーカルもバンバン入れていますが。)

                  そんなtoeが今回出したのは、
                  「That's Another Story」
                  過去のCM提供曲やリミックスを集めたアルバム。
                  ポカリスエットのCMで使用された音源を心待ちにしていた

                  あの曲も入ってファンとしては大変喜ばしいです。


                  一部紹介しちゃいます。
                  「砂漠」編
                  Next I Dance Alone

                  「ナスカ」篇
                  Another After Image feat. Shing02

                  shingo02も好きなのでこれは嬉しいタッグ。


                  「たけしと少女」篇
                  ネルマレ feat. Maia Hirasawa

                  音源ではオリジナル曲からアレンジが入ってて、また一味違う仕上がりに。


                  そんなtoeが珍しくレコ発でワンマンをやるというので行って来ました、

                  恵比寿リキッドルーム。
                  チケットは即完売だった模様。

                  今回はフロアステージという、
                  もうほぼ床、な場所をステージにして


                  本来のリキッドのステージは客席にしてしまうという発想。


                  スタジオライブとかに近い。
                  そして演者と客の距離が近い。

                  幸運にも整理番号が前の方だったので、
                  ギターの山嵜さんの前を陣取る。
                  というかほぼ真ん前。

                  ドラムの柏倉さんが、
                  動画をtwitterにUPしてくれてますが、
                  自分がっつり映ってました。


                  こういうの探してしまう癖、ミーハーだなぁと思いつつも嬉しいもんです。

                  実は始まる前にすんごいトイレに行きたくて、

                  でもこの場所は逃したくない。って思考がループしながら、

                  でもライブ始まったら尿意忘れてたという。
                  夢中ってすごいって言う実感をしてしまった。

                  toeというバンドを知ったのは10年以上前。
                  ドラムの柏倉さんが前にやってたREACHって言うバンドが高校時代

                  すごく好きでそこからインストってジャンルが仲間内で流行り出し、

                  なんだこれは?となったTOE。


                  それぞれの経歴も面白い。
                  それはまた次回どこかで。。



                  profile

                  吉祥寺でWEB企画コンサルティング・デザインに携わっています。
                  株式会社博士.com
                  コンサルチーム マネージャー

                  ・音楽は大好き。
                  ほぼ聞く専門ですが、ライブやフェスにも行きます。
                  ・休日はカメラを持って都内の街々を撮影してます。
                  ・本格的な写真撮影もこなせるように現在カメラを持って勉強中。

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  • キワヤ商会のウクレレk ukulele k-301 コンサートウクレレが新相棒。初心者脱却への道
                    BOSS
                  • サックス初心者がnuvoのjsaxで練習。意気込むが、しかし音が出ない。
                    自分
                  • 最近のおすすめマンガ、BLUEGIANTが胸アツ。
                    自分
                  • もがめ食堂 吉祥寺の懐かしさを感じる定食屋さんにハマりそう。。
                    自分
                  • 最近のおすすめマンガ、BLUEGIANTが胸アツ。
                    BOSS
                  • サックス初心者がnuvoのjsaxで練習。意気込むが、しかし音が出ない。
                    BOSS
                  • もがめ食堂 吉祥寺の懐かしさを感じる定食屋さんにハマりそう。。
                    BOSS

                  calendar

                  S M T W T F S
                        1
                  2345678
                  9101112131415
                  16171819202122
                  23242526272829
                  3031     
                  << December 2018 >>

                  recommend

                  recommend

                  recommend

                  links

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM